ブログ

[ 九州 北海道 北陸 新潟 関東 関西 静岡 ] コロナにめげず、加速するサービス

コロナ感染が起きて半年経過、メタル便グループの連携も大きく変わった。メタル便は全国に点在する運送会社が連携して、異形物や長尺物の混載を全国に展開している。コロナ以前は打合せは全国から幹部が出張して一か所に集まっていた。各自会社に持ち帰って実行に移していた。懸案によってはもう一度出張をかけ集まるケースもあり、これが当たり前に思っていた。

それがコロナ以降は頻繁に簡単にZOOM会議を行うことにより、容易に情報共有もでき、拠点間の調整もスムーズになり、スピード感もでてきた。
メタル便も鉄鋼全般の落込みにより、オーダー数の減少が続いている。扱量が落ちると、納期を犠牲にしてでも便数を減らして採算を何とか維持しようとするがそんな軟な対応はしない。メタル便グループはアクティブで、この状況を進化させる為のチャンスと捉えている。サービスの質を高めればお客様に必ず支持されると確信をもって行動している。申し合わせた訳ではないが、各拠点の挑戦は驚くほど共通しており、納期短縮と扱量が少ないエリアへあえて便数を増やすことにチャレンジしている。「コロナにより未来が早くやってきた」と言われるが、現状のサービスに留まることはできない。

浦安のチャレンジは福島便・山形便・山梨便・静岡便の充実、特に静岡と福島は自社トラックによる運行に。また地方から入った貨物の関東地区の配送を7月上旬より一部の地域で翌日配送から当日配送に切り替え納期の短縮を図る。アクティブである。(梶記)
   

[20.06.29]

[ プレス ] 2020年6月11日 鉄鋼新聞社

鋼材小口混載配送の「メタル便グループ」
全国に拡大する「BCP対応型倉庫}
拠点間ネットワーク活用
災害時でもブル中寸断、回避

[20.06.11]

[ プレス ] 2020年6月9日 鉄鋼新聞社

鋼材小口混載配送のメタル便
浦安鉄鋼団地で保管サービス開始
「パレット1個、1束、1坪」から利用可能

[20.06.09]