1. 長い物、異形物の小口配送サービス

長い物、異形物など大手運送会社が敬遠する貨物でも、
たくさんのお客様の荷物を積み合せることで小口料金で運ぶ配送サービスです。
◎トラック1車チャーターに比べるとかなりリーズナブルな運賃となります。
◎ケース物などの通常貨物も輸送しますが料金的に大手路線会社をお奨めしております。

2. 長さ6mまでOK!

長い物は長さ6mの貨物まで、面積のある貨物は最大1.5m×3mの貨物まで小口料金で運びます。
◎配送エリアによって輸送可能寸法は異なります。
 
<混載対象となる商品特性>
・長尺モノ 長物(2m以上6m迄、北海道道内の発着は12m迄対応)
・パレット物(路線会社ではチャーター扱いになる2パレット以上の商品)
・重量物(手でもてない重量)
・個数物 (路線便では割高になる)
・クレーン降しの商品 (ウイング車やハコ車では荷降しできない)
・2t車以下の少量

3. 配送車両は4トン車

配達車両は4トン平ボデートラックが中心となります。
◎車種の指定は出来ません。 チャーター便は車種指定が可能です。
◎各拠点によって 様々な車両を保有しております。

4. 配送日が明確です。

大手運送便のような予期せぬ延着が殆どありません。
◎配達リードタイムを明確に設定しております。
◎共同配送の特性上、配達時間の指定はお受けしておりません。

5. 混載最大級の平ボディNETWORK

◎北海道から九州まで、9箇所の営業&HUB拠点
(幹線配送・保管・集配配達)と13箇所の集荷・配送拠点があります。
◎北海道・東北への配送網が充実し、業界随一。

6. 集荷も行ないます。

お客様のご指定の場所に集荷に伺います。
◎集荷は対応エリアが限定されており、集荷時間も限られたものとなります。
対応が出来ない場合は各サービス拠点にお持ち込み頂ければOKです。

7. わかりやすい運賃表

積んだ貨物の物量(重量、面積)に応じた運賃設定です。
わかりやすい運賃表が有り、運賃確認は簡単明確です。
◎地域によって交通事情、物量の違いがあるため運賃体系は拠点によって異なります。

8. オーダーは簡単です!

ご注文は簡単! FAX一本でOKです。 受信後、受注確認と運賃見積りを返信させて頂きます。
◎初回の受付のみお客様登録が必要となります。
◎当サービスはご法人様向けサービスです。個人様のオーダーはお受けしておりません。
 

<メタル便の利用方法>

お電話・FAX・メールからお気軽に!
わかりやすい料金表でお見積もり。
納入日を確定させ、レッツゴー!
お引取り&納入。

お気軽にお問合せください!

具体的に金額納期が知りたい方はお見積もりフォーム
メタル便をもっと詳しく知りたい、説明をしてほしい方はお問合せフォーム
お電話・FAXの方はこちら

〜お答えします〜

<メタル便のQ&A>

メタル便とありますが、鋼材以外でも運ぶのですか。

運びます。メタル便は鋼材輸送からスタートしましたが、現在では長尺物や重量物を中心に幅広い商品を輸送しています。
具体的な輸送品目はコチラ

納品日のどの位前に依頼すれば良いですか。

集荷日/お持込日に対して、早めの問合せをお願いします。メタル便は荷物の量にかかわらず事前に運行日を決めているため、納期を明確に確定しご案内しております。
※各拠点で数日の商品のお預りは無料です。そのため現地での日程を取り決めての分納も可能です。

混載便に依頼する時の様な梱包は必要ですか。

必要ありません。貴社の通常の梱包でOKです。
※不安定な物/他の商品を汚す可能性のある物/細かな数物は梱包をお願いする時があります。荷扱上の注意事項があれば事前にお教えください。

納品が工事現場なのですが。

車上渡しが原則です。かつぎ込み等は致しません。
※クレーンやパワーゲートは通常の配送車両には装備されないので、別料金になります。必要な場合は事前にお申しつけください。
※工事現場では住所表示から現地にたどり着けない場合があるので、侵入経路や待機所を記載された地図をご用意いただけると確実です。

納品の時間指定は可能ですか。

時間指定はお受けしておりません。一台の配送エリアが複数の地区にまたがり、路線便と比べて範囲が広いため納品日中での配達となります。
追加料金にて時間指定が可能な場合がありますので問合せお願いします。

納品先は2t車限定なのですが、2t車での納品は可能ですか。

2t車での手配はできますが割増になります。メタル便での配送は6m物も混載している為4t車が標準です。
※遠方へは積み地からは4t車で混載輸送し、配送先に近い拠点で2t車に乗せ換えるので、チャーター手配より割安です。

当社以外のところからの引き取りは可能ですか。

集荷可能です。引取書をご用意ください。

メタル便は平ボディ車とありますが、箱車とはどの様に違いますか。

平ボディ車は重量物や長尺物などに適しています。平ボディ車は横からも上からも降ろせるので長尺物に適し、クレーン積降しは平ボディ車が絶対条件です。平ボディ車は荷締機の受け部分の数が多いので、異形状物や重量物の固縛に適しております。

〜ごめんなさい〜

 

<メタル便で扱えない商品>
1.超長尺物
 4t車での集配が基本となりますから、6m以上の商品は配送できません。
 
2.易損品(壊れやすいもの)
 着地面が不安定で自立できない等、混載輸送に耐えられず他商品に損害を与える恐れがあるもの
 
3.精密機械
 エアサスペンション仕様やパワーゲート付きでない車輌で、精密機械には適しません。
 
4.劇薬物
 発火のおそれがあるもの。
 衛生上において他の商品、又は人体に損害を与える恐れのあるもの。
 
5.高価品
 運送約款に定められた高価品(1kg2万円を超える貨物)。
 貴重品、美術品、骨董品、楽器、データ等の代替不可品。
 
6.生き物
 犬、ネコ、小鳥等の動物及び苗木、生花等の植物類。
 
<メタル便で配送できない先>
1.工事現場での手降し/かつぎ込み(理由:一日広範囲多数件を配送するため時間のゆとりがありません)
2.個人宅(理由:4t車で配送する為住宅地には不適です)
3.配達に2名が必要な家具等の商品(理由:ワンマン運行のため)
エキストラ料金が発生するケース

1.届け日の時間指定
2.積込みや荷卸しで30分以上の待機時間
3.料金表のエリア外でも行ける地区
4.商品の持ち帰りと再納入
5.パレットや空ケースの回収

メタル便
MAKE TRAFFIC JAPAN

物流交通網を創り 世の中に貢献する

街中には、よくみると長い物・運びにくそうな物であふれています。
メタル便の物流交通網は、
みえないところで日本中の街づくりを支えています。