ブログ

[ 中部 北海道 関東 関西 ] JR貨物による定期輸送 モーダルシフト

7月1日から東京~苫小牧間、コンテナによるJR貨物輸送を定期便としてスタートする。もちろんメタル便なので混載(積み合わせ)である。長尺物はコンテナ内寸いっぱいのギリギリ6メーターまで対応できる。私設コンテナなので、メタル便のマークがコンテナに書かれている。何故か誇らしい。一年間かけて企画してきたメタル便のモーダルシフトがいよいよスタートする。

ちなみに今回スタートしたJR貨物企画コンテナの12フィート 20フィート 30フィートとある種類の中で、20フィートのJRコンテナ

・内寸 長さ6070mm 幅2328mm 高さ2178mm
・有蓋コンテナで側面がカンノン開き
・積載10.4t=総重量13.5t-自重3.1t
・コキ100系貨車限定

勿論トラック輸送と同様で、お客様へはドアツードアの輸送、東京~北海道間、小口長尺物の混載便で100kg ¥6000~

[14.06.27]

[ プレス ] 2014年6月26日

鉄鋼新聞社
吉田昌弘大榮社長に聞く
鋼材輸送の人手不足と「メタル便」の対応
大手の荷受け停止で支援
小口配送の集荷強化、エリアを拡大

[14.06.26]

[ 中部 北海道 関東 関西 ] モーダルシフト 選択枝が広がる

この一年でメタル便の輸送手段に選択枝が増えてきた。メタル便浦安では商船三井フェリーの九州向けの集荷拠点として提携を結んだ。この7月1日からはJR貨物による私設コンテナ輸送がスタートする。JR貨物輸送は東京~苫小牧間で始めるが、東海、大阪と随時輸送範囲を広げていく。陸送トラック・海運・鉄道を駆使して、環境性/経済性/確実性/柔軟性を追求していく。

[14.06.25]

[ プレス ] 2014年6月23日

鉄鋼新聞
メタル便関西エリア拡大
静岡東部・長野南部にも配送

[14.06.23]

[ 関東 ] 招き猫

メタル便の置き場にはいつの日から、猫が3匹いついている。
Mさんが餌をあげており、このところ体格も良くなってきた。当初は置き場の隅で人間の行動を観察していたが、最近は活動範囲も広くなり、行動も大胆になってきた。会社の真ん前にバス停があり、バスを待つ時間の人気ものにもなっているようだ。

[14.06.19]

[ 関東 ] モーダルシフト

メタル便が苫小牧に拠点ができていらい、貨車輸送や海運の利用が身近なモノになってきた。そんな利用の選択枝が増える中いかに我々が貨車や海上輸送に関して無知だったか思い知ることになった一年である。JR貨物さん共も具体的な輸送オーダーを通じて教えてもらう中、少しづつではあるが色々なことが見えてきた。貨車輸送=大手企業のイメージが強く中堅規模の企業や混載には敷居が高い、また無蓋(天井がない)コンテナについては未知の領域である。こんな部分にメタル便は風穴を開けたいと思っている。世界に約束した低炭素、京都議定書はまだ生きている。身近なところから取り組んでいかねばならない。
今日から関東地区のメタル便の平ボディ車にはモーダルシフトの特注ステッカーを貼る。

[14.06.04]