ブログ

[ プレス ] 長距離でも小口混載 = ニューメタルライン

メタル便の7拠点(福岡・岡山・大阪・名古屋・浜松・浦安・苫小牧)を結ぶラインを、我々はニュー・メタル・ラインと呼んでいます。例えば関東発の商品でも、大阪のHUBまで商品を届ければ、メタル便関西の配送網が利用できます。メタル便の長距離の小口混載輸送は、このネットワークがベースとなっています。


直接メタル便の自社車輌の配送網のないエリアは提携の路線会社を利用しますが、年々荷物の条件(商品の長さや重量)が制限されてきています。長距離のチャーター料金はやはり高額なので、何とかして混載で運びたいと思っております。

[13.08.07]