メタル便レポート

[ 関東 ] 3パレット

銚子に工場を構える知人から、運送の相談があった。横浜まで3パレット運んで欲しいと路線会社に依頼したら1パレットにしてくれと言われたそうだ。今までは全く問題なく路線料金で3パレット持って行ってくれたのに。どうしても運びたいなら3パレットでチャーター分(約3倍の料金)が欲しいと言う、急に方針変えられて大変困っての電話だった。取引している2社の路線会社とも1パレットの制限で同じ答えだったとのこと。


この話を聞いて何か矛盾を感じた。コーラ一本なら100円、3本買うなら大口になるので900円欲しいと言うことである。最近これに近い路線会社の話をポツポツ聞くが、残念な話だ。各社で無理を言えば、無理が無理でなくなると言った理論だ。その銚子の会社から、なぜ今までは良かったのに駄目になったかの理由を聞いて、もっともらしいこと言っていたが、私が聞いたら笑ってしまうような見え透いた言い訳だった。正直に言えば良いのに、我々路線会社はパレットサイズのものを扱うより、郵便物の様な小さくて軽いものを運びたいのだと。現在でも1パレット運んであげるんだから 有難いと思ってツベコベ言うなと。路線会社は勝手に料金を下げて、永続不可能なサービスにしてしまった。コーラを30円で数限定で売るより、本当は100円で販売すれば良いのに。そんな中途半端な方針で困るお客様だ。  カジ

[12.03.30]
3パレット

[ 関東 ] うれしい話

関西の運送会社からの相談である。関東にもってくる鋼材が配達件数は変わらないのに、一オーダー毎が少量になって、数台混載で関東にくる大型トラックの収益が悪化しているという。この解決は、まさにメタル便の独断上である。中途半端な少量は浦安ですべて降ろして、まとまった分だけ長距離のトラックで運べば問題が解決する。まさに我々の機能やインフラな有効に生かされる仕事だ。


私は、メタル便の扱い量が増えるからうれしいのではなく、我々にしかできないサービスを仲間が有効に活用してくれることをうれしく思う。あたかも高度医療に従事する医者がどこの病院に診察をうけても治らなかった病気が治せた時、患者を共に幸せを分かち合えることに生きがいを感るに似ている。 
メタル便には前日積込み車両と、配達日の早朝積込みの2種類があるが、最近は当日の朝積みの比率が増えてきている。配送効率を考えると、絶対前日の積込みだが、お客様の利便性を考えると当日配達のメリットが大きい。 カジ

[12.03.26]
うれしい話


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.