メタル便レポート

[ 中部 ] 感謝の集い

メタル便東海の4月の一周年を前に、日頃頑張って配送している運転手さんへ、ささやかだが感謝の意を表しての夕食会。言い出しっぺは吉田氏。月に1~2回位事務所に顔を出さない私にとって初めて会う運転手さんも何人かいる。目的達成のため、同席の7社の運送会社がしっかりスクラム組むメタル便東海、頼もしい。楽しい会話の中でも運転手の一人一人に気が付き配慮があり、これならきっとお客様にもきっと可愛がられるなと確信する。

[04.03.26]
感謝の集い

[ 中部 ] タクシードライバー

太っ腹な吉田さんのタクシー代金のおごりで、渡辺さんと3人で名古屋市内のタクシーを利用。 乗った車には芳香のため生花が生けられ、ハンドルに手作りの記入ボードが取りつけてられ、メーターの上には「3月13日金土曜日・赤口」と筆で書かれた紙が(料理長が書くおしながきのように)、アイデアが一杯。ドライバー曰く、奥さんの快い朝の送り出しで、視野が広がり1日1万円は水揚げがアップすると言う。心底楽しそうに仕事をするドライバーに、感激する3人。

[04.03.13]
タクシードライバー

[ 関東 ] 上野の料亭I

上野公園内の料亭I。建直して内装がモダンに、経営母体も変わりマンネリ化の料理も変化に富んだものに。でも残念なことに開店6ヶ月経過してもスタッフはミスだらけ。注文は3回に1回は忘れ、お酒も時間がかかり、料理もダブって出てきたり。  最近の新店にこの手が多い。雰囲気はモダン・料理も創作的で美味しい、でも接客がアルバイト中心で目が届かない。またかと、半ばあきらめかけていたが、料亭Iはちょっと違った。レジの若い女性の気遣いが光った。精算時の些細なクレームに、奥から「料理長」を引っ張り出してきた。料理長が深々と頭を下げ詫びる。小さなクレームを大きく・大きくした。クレームを言った方か恐縮する。気遣いは年齢に関係ないと、再確認する出来事だった。  
長野から来た山荘を経営する赤沼さんが最近東京の空が綺麗になったと言っていたのが印象的だった。 カジ

[04.03.10]
上野の料亭I

[ 関東 ] セグメンテーション

メタル便が小池渉さんよりマーケッティングの指導を受ける。今回が第1回目。小池さんは感性が高く難解な部分もあるが、今回は具体的な所から解かり安く事例を交え基礎を教えてもらう。自社で出来る市場活動は、商品・価格・セールス・広告・販促の5こ。具体的な質問・・・「メタル便の特徴は?」「マーケットサイズは?」「どのお客様に利用いただいてる?」。メタル便の特徴が、①安心・安全②簡単・便利であることを再確認。「マーケッティング=セグメンテーションだと」小池氏は言う。実際に指導してもらい、セグメンテーションが無駄もなくすことを体感する。 カジ

[04.03.09]
セグメンテーション

[ 関東 ] kappe社

株式会社大栄のホームページ作成の打合せに同行のため千葉市のKappe社にいく。メタル便も総合トラックもホームページを作ってもらっている。画面イメージはクール・直線・哀愁・男性的、写真のイメージを大切にし、「働く人の汗」もポイント。でも表現はべたべたの大阪弁? 楽しみなのホームページになりそう。ついでに総合トラックとメタル便のホームページもリニューアルすることにする。kappe社の岡野君は相変わらず意欲的、いつも頭がさえている。そしてホームページのアドレスを探す中、吉田さんのこだわりが表現できる、すばらしいドメインにめぐりあった。ドメイン名は取得が終了するまでは秘密。 カジ

[04.03.05]
kappe社

[ 関西 ] 挑戦!

メタル便関西では新運賃表を現在検討中。
今日もその会議が行われ、最近の安定して来た物量を武器にどこまでお客様に喜んで頂ける料金が組めるか?およそ3時間に渡って協議となった。
その中でダイエイ便営業担当の木村から「いろんな角度から考え計算した結果 関西近郊地区の2トン以下の小口鋼材の料金を思い切って半額に出来る!」という爆弾提言が飛び出し全員で検討。確かに可能だ。
よし!4月から本気で半額に挑戦だ!

[04.03.04]
挑戦!挑戦!挑戦!

[ 関東 ] 優秀・多才でなくて良かった

社会に出て25年・仕事人生の折返し地点はすぎたかもしれな。最近感じることに、同年齢の友人で、優秀で且つ多才な人が残念なことに成功出来ず苦戦している場合がある。優秀な人は理解が早く、成果も良い。でも才能があるがために、3年と一つの事に長続きしない人がいる。 我々(新鋼流会)は凡人で不器用の集まり。一つのことが簡単にしあがらない、理解した様で解かってない、学習効果も低く何度も同じ失敗をする。成果も簡単には出せない。でもあきらめずにコツコツやる。なぜなら、運送屋以外の仕事に挑戦してもいまさら遅い。我々の失敗の経験を社会に生かしてもらうには、運送の仕事以外には無い気がする。メタル便も3年半経過、「1本・1枚の鋼材を合理的にどう運ぶか」そう簡単には答えはでない。仕事が楽しく・誇りも持てることは幸せ。最近そんな事を、スタッフや仲間とよく話し合う。  カジ

[04.03.03]
優秀・多才でなくて良かった


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.