メタル便レポート

[ 中国・四国 九州 関西 静岡 ] 緊急対策会議、IN笠岡

瀬戸内、山陽地区においてN社傘下の路線会社が長尺品を撤退した場合、現在の物量の数倍の貨物がメタル便に流れて来ると考えられる。その緊急対策として主に西日本のメタル便各社が笠岡に集まり「メタル便西日本ミーティング」を開催。


以下吉田氏がまとめた議事録
① メタル便中四国 第2ヤード 完成後(本年5月初旬)すぐ、大阪 ⇔笠岡の幹線輸送トラックを現在の大型1台から→大型2台に増車し、輸送量の増加 に備える。
② 山口県下は概ね“下松市以東”を目安にメタル中四国が配送する準備を行なう。メタル中四国の準備が整い次第、山口県下のオーダーをメタル便中四国に切り替えていく。
③ 山口県中部(周南)エリア、山口県西部(宇部、下関)エリアはメタル便九州が受け持ち準備を進める。
⑤ メタル便静岡の静岡中東部便(静岡市周辺~沼津市周辺)を現在の月、水、金の隔日配送から毎日配送に増便させていく。そういった地場の増便が集荷余力を生み、N社撤退後の対応力につながっていく。
⑦ 4月よりメタル便大阪がメタル便各拠点から貨物を当配(=到着 当日の内に配達)を 行ない、全国発→関西地区へのリードタイムを可能な範囲 縮める。


写真は建設中のメタル便中四国の第二ヤード、この建設は物量が増加により置き場・保管も逼迫した状況下、グッドタイミングである。

[19.03.05]
緊急対策会議、IN笠岡


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.