• 鋼材の宅配便
  • 長尺物6mまで対応
  • 平ボデー配送網-北海道・関東・東海・関西
  • 安く&環境に優しく

平ボデー配送網-北海道・関東・東海・関西

「4t平ボディ」考察 

「4t平ボディ」考察 

お客様を訪問すると、メタル便に対して長尺モノや重量物の混載だけでなく、平ボディー車がスポットで利用できることに喜ぶ客様が案外多い。もともとメタル便は混載一筋で車を回してきたが、4t平ボディ車のスポットチャーターも自然と増えてきた。不思議な気もするが、必然的な背景もありそうだ。


運送は大別すると食品や日用雑貨の「商業系物流」と、自動車関連等の「工業系物流」に分かれる。「商業物流」は、毎日食べる物、使い消耗する物を扱うので計画的に運行され届け先も固定化する。カートン物なので、雨濡れせず容積も充分に積めるウイング車が適する。「工業系物流」の自動車関連や大手メーカーは計画生産されるので、トラックもA地点からB地点に定期的に動きスケジュールも綿密に組まれロスが少ない。商品により車種はウイング車や平ボディ車もあるが、物流が多いので大型車が主役となる。


一方「工業系物流」でも4t車サイズとなると、利用特性はガラッと変わる。私自身は4t平ボディは、白ナンバーのイメージが強く、アオリには企業名が入り販売する会社の社員が運転する。次に多いのは営業ナンバーの専属車で、年間を通じて一社荷主の仕事を専属でこなす。鉄鋼、木材、建築資材、工事関係の車両に多く、現場降しに代表される様に届け先もバラバラで納期も不定期である。4t平ボディのフリーがもともと少なく、緊急時や繁忙期にいつでも車が確保できる様に、自家用でもったり専属で車両を確保する傾向が強い。稼働率は悪く物流費が固定化するがそこは目をつぶるしかない。


メタル便の主力車種は4t平ボディで混載を軸として各地で相当数がフリーで動いている。平ボディは不効率になりがちだか、メタル便はスポット仕事が受けやすしかもドライバーが固定化していので、お客様の個別な要望にも対応しやすい。最近カーシェアの利用が高まっているが、メタル便のビジネスモデル結果として、トラック・シェアを容易にしている。

都道府県別 混載の集荷・配送可能エリア

都道府県別 混載の集荷・配送可能エリア

混載の集荷・配送可能エリア
都道府県別(横の数字は人口:単位万人) 


【メタル便の集荷・配送可能エリア】
北海道/ 546:北海道/546
東北地区/ 431:福島/198 宮城/233 
関東地区/4286:東京/1320 千葉/625 神奈川/910 埼玉/729 茨城/299 群馬/202 栃木/201
甲信地区/ 302:山梨/86 長野/216
東海地区/1525:静岡/380 愛知/748 岐阜/210 三重/187
関西地区/2095:大阪/888 京都/259 滋賀/141 兵庫/566 和歌山101 奈良/140 
山陽地区/ 483:岡山195 広島/288
四国地区/ 179:徳島/78 香川/101
九州地区/ 859:福岡/511 大分/120 佐賀/85 長崎/143
10,706万人 全国カバー率=83%


【メタル便の集荷・配送が出来ないエリア】
東北地区/ 490:青森/137 岩手131 秋田/107 山形/115
北陸地区/ 542:新潟/236 富山/109 石川/116 福井81
山陽地区/ 144:山口/144
山陰地区/ 130:島根/71 鳥取59
四国地区/ 219:愛媛/144 高知/75 
九州地区/ 467:熊本/183 宮崎/114 鹿児島/170
沖縄地区/ 145:沖縄/145
2,137万人 全国否カバー率=17%
※人口は2014年1月1日

平ボディ車 = 特殊車種?

平ボディ車 = 特殊車種?

自動車部品関係の物流会社社長から「平ボディですか。特殊車輌ですね」と言われたことがあります。言われて見れば東名阪を走ると営業車のほとんどがバン車かウイング車。ここ数年で知り合いの会社でも車輌入れ替え時には平ボディ車から相当数がウイング車に切り替わり、大型車になるとその傾向は顕著。紙業界でも、水濡れへの不安や積込場でシート掛けの時間が無駄との視点から、平ボディ車が敬遠されています。雨の日なら二重シート作業で30分位の時間が必要とされるので無理もありません。

平ボディ車のメリットとデ・メリットを改めて列挙してみます。
【メリット】
 ・クレーン下での積込みが可能
 ・ウイング車に比べ積載量が多く取れる
【デメリット】
 ・ケースモノを積む際、シートサイズが積載量の限界になる
 ・雨濡れの心配がある
 ・シート掛け/シートはずしに時間がかかる
 ・連日の雨だと乾いたシートの確保が困難
 ・シート作業、運転手募集時に敬遠される
 ・鉄や重量物=油や錆のイメージ→食品に敬遠される
列挙するとやはりデ・メリットの方が数が多くなります。
 メタル便はそんな中、毎年平ボディ車を着実に増車しています。2013年夏以降は物流業界の平ボディ車不足は顕著であり、お客様も車の確保に深刻な日々が続いています。これからも、お客様のご要望に答えるべく、平ボディで頑張ります。

Cross−docking

Cross−docking

Cross−dockingとは、入荷した商品を保管することなく出荷する仕組みです。
輸送数量や形状にあわせた輸送手段~路線発送や混載やチャーター便~に、方面・物に合わせて出荷いたします。
納期調整や長距離輸送の中継にもご利用いただけます。
トレーラー・大型車・コンテナで当社に一括入庫させ、お届け先の条件に合せた車輌に載せ替えて運送しますので、物流費を大幅に削減できます。チャーターのみに限らず、長尺モノ(長い物)やパレットモノの混載(積み合せ)で運送します。
通過型倉庫なので保管料は無料です。

自車配送網だから安心

自車配送網だから安心

大阪・名古屋・浦安・苫小牧・笠岡・福岡・燕をHUBとして、グループの自社トラックによる積み合せ(混載)の配送網は、全国の消費地の88.9%を網羅しております。

◆自社トラックなのでこんなことが出来ます。
・お客様からの降し先への細かな指示
・パレット/梱包資材/容器/ラック等の回収
・お客様の専用伝票での配達
・輸入貨物は引取書持参やX線検査や検針検査への対応

◆配送可能な都道府県
北海道地区:北海道
東北地区: 福島 宮城 
関東地区: 東京 千葉 神奈川 埼玉 茨城 群馬 栃木
新潟地区: 新潟
中部地区: 静岡 愛知 岐阜 山梨 長野
北陸地区: 富山 石川 福井
近畿地区: 大阪 京都 滋賀 兵庫 和歌山 三重 奈良 
中国地区: 岡山 広島
四国地区: 徳島 香川
九州地区: 福岡 大分 佐賀 長崎 熊本 宮崎 鹿児島 

長距離でも小口混載 = ニューメタルライン長距離でも小口混載 = ニューメタルライン

長距離でも小口混載 = ニューメタルライン

メタル便の4拠点(大阪・名古屋・浦安・苫小牧)を結ぶラインを、我々はニュー・メタル・ラインと呼んでいます。例えば関東発の商品でも、大阪のHUBまで商品を届ければ、メタル便関西の配送網が利用できます。メタル便の長距離の小口混載輸送は、このネットワークがベースとなっています。

直接メタル便の自社車輌の配送網のないエリアは提携の路線会社を利用しますが、年々荷物の条件(商品の長さや重量)が制限されてきています。長距離のチャーター料金はやはり高額なので、何とかして混載で運びたいと思っております。

Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.