メタル便レポート

[ 中国・四国 中部 九州 北海道 北陸 新潟 関東 関西 静岡 ] 長尺物 路線会社が後戻りできない理由

友人からもらった路線会社の写真。
一枚目の写真は省力化された配送センターの内部で、商品がラインから流れてきて、右側の出入に配達のトラックが後ろ付けされ、トラックに商品積み込まれる。ラインがぎっしりうめつくされた倉庫には、長尺物を流せる専用ラインもなく、長尺物を荷捌きできるスペースもなくフォークリフトもない。


二枚目の写真は配送センターの外部から写したもので、トラックがぎっしり並べられ、方面別に荷物が積み込まれる。この路線会社には荷台横から荷降ろしできるスペースは全く存在しない。その為ウイング車は無用で、後方だけが開く箱車が標準車両となる。そうなると荷台の後方から荷降ろしできる横幅の2m迄の商品が限界となる。


お客様が「以前は2m以上のモノも運んでくれたのに」と言っても後戻りはできない。料金の問題でもない。

[17.10.27]
長尺物 路線会社が後戻りできない理由長尺物 路線会社が後戻りできない理由

[ 中部 関東 関西 静岡 ] 無駄に会い 無駄に飲む

メタル便東海株主総会の前日から名古屋入り、関係者の東名阪と静岡が集まり食事会を兼ねたミーティング。関西の吉田社長より、増え続ける小口オーダー(緊急事態)に対して我々メタル便がどの様な方針で対応していくか、ビール→日本酒→焼酎とアルコアールが進む中めげずに、現状分析をベースに坦々と説明が続いた。

吉田社長が最近購入したミニプロジェクターを持込み居酒屋の柄入りの壁にパワーポイントを次々写し出していく。映し出される映像だが壁の柄で文字が見えないので画用紙やテーブルマットを壁にかざす。凝視しなければ読み取れない壁紙だが、その分集中力も高まり一つ一つの説明が腑に落ちていく。無駄に会い無駄に飲む、この様な場から大切な事に気づき、重大な決断をしてきたメタル便グループ。

この宴席でのプレゼンに「吉田さんすごいね。良くできているね・・・このプロジェクターは」と力作のプレゼンを称えることなく、手のひらサイズのプロジェクターに感心していた静岡の鈴木社長。私自身この様な席が大好きで、仲間との愉快な時間をもて小さな幸せを感じるひと時だ。(梶記)

[17.10.25]
無駄に会い 無駄に飲む無駄に会い 無駄に飲む無駄に会い 無駄に飲む

[ 北海道 関東 ] お礼メール

丁重なお礼のメールをいただいた。
右の写真は以下のメールと関連性はないのですが、先日富良野に行った時の写真です。(梶)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お世話になっております。〇〇運輸 〇〇です。
本日、北海道での〇〇〇の現場搬入と設置を行っておりますが、その際、急遽H鋼が必要になり、ご縁を頼ってメタル北海道の丸吉運輸機工様にご相談を差し上げました所、即ご対応をいただき、事なきを得ました。現在、現地に〇〇が作業従事しておりますが、先程“本当に助かった”との報告がありました。


梶社長のお名前なども勝手に出させていただき、このような結果になりましたのでご報告させていただきます。又、メタル便の結束と迅速な対応に感動いたしました。
このようなご縁をいただき本当に有難く感謝いたしております。
今回の件、是非メタル便定例打ち合わせ等の際に、お話に盛り込んでいただければとの気持です。本当に有難うございました。今後ともこのご縁を引き続き宜しくお願いいたします

[17.10.02]
お礼メール


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.