ブログ

[ 北陸 ] 北陸スタート

名古屋で恒例のスタートダッシュ・ミーティングが行われた。
2016年の挑戦や戦略を各拠点10分間の短時間の発表ではあるが、8拠点なので質疑応答を含め午前中が発表だけで終わってしまう。司会は吉田氏で、発表が10分を過ぎると容赦なく中断させられ、これもゲーム感覚もあり楽しい。パワーポイントや動画や工夫を凝らした配布資料やパフォーマンス等表現方法は異なるが、各拠点の混載についての熱い想いが語られる。午後はデザイナーの宗倉さんも加わり新しいメタル便パンフレットの主旨説明と作成についての活発な意見交換。

毎年拠点も増える一方、各社の参加人数も増えており今年は38名の参加になった。参加者には全員開催年の入ったスタッフジャンバーが配られ、全国各地から集まったメンバーの一体感やチーム力も高めてくれる。


今年も新年にあたり、重大決議事項があった。
メタル便の従来の7拠点に加えて、北陸(福井県・富山県・石川県)を網羅するメタル便北陸として野々市運輸機工株式会社(石川県金沢市 http://nonoichiunyu.com)の加入が参加者満場一致で正式に決まった。左の写真が野々市運輸機工の吉田社長、ニックネームはヨッシー。我々が猛烈にアプローチする一方で2015年秋よりメタル便参加への意思表示をもらっていた。

[16.01.31]

[ 中国・四国 中部 九州 北海道 関東 関西 静岡 ] スタートダッシュミーティング2017

名古屋で恒例のスタートダッシュ・ミーティングが行われた。
2016年の挑戦や戦略を各拠点10分間の短時間の発表ではあるが、8拠点なので質疑応答を含め午前中が発表だけで終わってしまう。司会は吉田氏で、発表が10分を過ぎると容赦なく中断させられ、これもゲーム感覚もあり楽しい。パワーポイントや動画や工夫を凝らした配布資料やパフォーマンス等表現方法は異なるが、各拠点の混載についての熱い想いが語られる。午後はデザイナーの宗倉さんも加わり新しいメタル便パンフレットの主旨説明と作成についての活発な意見交換。

毎年拠点も増える一方、各社の参加人数も増えており今年は38名の参加になった。参加者には全員開催年の入ったスタッフジャンバーが配られ、全国各地から集まったメンバーの一体感やチーム力も高めてくれる。


今年も新年にあたり、重大決議事項があった。
メタル便の従来の7拠点に加えて、北陸(福井県・富山県・石川県)を網羅するメタル便北陸として野々市運輸機工株式会社(石川県金沢市 http://nonoichiunyu.com)の加入が参加者満場一致で正式に決まった。左の写真が野々市運輸機工の吉田社長、ニックネームはヨッシー。我々が猛烈にアプローチする一方で2015年秋よりメタル便参加への意思表示をもらっていた。

[16.01.31]

[ 中国・四国 中部 九州 北海道 関東 関西 静岡 ] SDMニューイヤーパーティ

メタル便グループのSDM(スタートダッシュミーティング)ニューイヤーパーティが名古屋カラオケ店のパーティールームで行われた。昨年に続き、物流会社に特化した研修会社「ヤマネット」の全国大会セミナーに日程を合わせて、一日目の「学び」と「懇親」二日目の「研鑽」のスケジュールで実施された。多くの参加者がこのニューイヤーパーティのバカ騒ぎ?を楽しみにしている。北海道~九州まで電話では日頃やり取りしていても、この様にフランクな場で一同に会せるのも有意義である。


メタル便の宴会は、毎回異常な位盛り上がる。芸達者多いだけでなく各種企画も用意されて、これも宴会奉行の吉田氏の力が大かもしれない。会場が貸切なので他のお客様を気にすることなく騒げるのが有り難い。K氏の結婚祝い、岡山のA社長の長男出産祝い、東海のF嬢の復帰祝いなど今回も盛りだくさんの内容と、お祝いに駆け付けた特別ゲスト乱入もありも多くのサプライズが仕込まれていた。


黒いスタッフジャンパーで集合したが、宴会の終わりには今日の日に準備されたお祝いのピンク一色に代わっていた。

[16.01.30]

[ プレス ] 2016年1月26日 鉄鋼新聞社

九州全域、中国地方へ毎日運行。
メタル便配送強化。

[16.01.26]

[ プレス ] 2016年1月19日 鉄鋼新聞社

メタル便 北陸エリアの配送強化
滋賀センター開設、納期短縮

[16.01.19]

[ 関東 ] 鋼材以外の商品

メタル便浦安の荷扱い傾向を知りたくて、鋼材と鋼材以外の商品(以下一般貨物)の4年間の推移を調べてみた。グラフの薄い青が鋼材で濃い青が一般貨物で、確実に鋼材以外の商品群が増えてきている。どんな商品?かというと建築資材や木材と言いたいところだが、インターネットからコンタクトとって来られたお客様で、材質や形状も色々、用途も多種多様で本当に様々で我々が予想しなかった商品ばかりである。その業界の大手からの問合せが多いのも特徴的である。その分だけ、今まで多種と思っていた鋼材が絵の様にパターン化されて見えてくる様になった。


年末にドライバーミーティングを実施。今までは商品事故は100%ドライバーの過失と位置づけていたが、今後は貨物事故の内容を精査し免責のある事を伝えた。理由は鋼材の扱いは十分になれているが、一般貨物については未経験の分野もあるので、細心の注意をもって仕事をしてもらいたいが、新しい種類の貨物でも恐れないで運んで欲しいとの意図から。商品によっては軟い材質のため固縛できない物もある。また木箱入り商品は外からは商品の状況が確認できない物が大部分である。又ケース物はケースの凹みや汚れについても厳しくチャックされ、不本意ながら物損扱いなる時もある。

[16.01.19]

[ 関東 ] 長尺物が強みに

年始のご挨拶に3日間で30件位のお客様を訪問した。
初めてのお客様も有りつい長話になり3日間とも予定通り回れず1週間が過ぎてしまった。訪問して嬉しかったのは浦安の事務所で思っている以上に、お客様が我々のサービスに期待してもらっており、会社によってはメタル便のサービスで長尺物を全国に運べることが会社の強みにしてもらっていることだ。混載料金なのでお客様への月間請求額はそれほど多くはないが、メタル便の様にどの運送会社もできないサービスをリーズナブル?にピンポイントで提供できることの評価は高い。


一方で浦安では定期便を出してない北陸3県や東北4県(福島県・宮城県は運行中)へ何とかして欲しいとの要望や期待も多くあった。メタル便がスタートし15年経過したが、今現在も我々が提供できないエリアについて聞かれる度に、出来ない言い訳も妙に上手になっている自分がいることに不甲斐なさも感じてしまった。配送エリアの拡大はできるのだが、関東の集荷+幹線運賃+配達運賃がチャーター料金よりお客様の期待する分だけ安くなければならない。その為には混載の荷物が集まらなければならない。結局荷物の頻度が低いエリアが苦戦している。

[16.01.13]

[ 関東 ] カッコ良いって大切!

メタル便グループの新年の会議は「スタート・ダッシュ・ミーティング」と呼んでいる。チームワーク力を上げるべく共通のgoodsをここ数年作ってきた。参加者の証として当日配布し着用しミーティングに臨む。2015年好評だったジャンパーを、今年もデザインを変えてもう一度作ることにした。2015年バージョンは個人的にも気に入って、会社に加えプライベートでも着用していた。ミーティングに参加していないドライバーから作って欲しいとの要望が高く、浦安では全員に追加注文した。2016年ジャンバーもデザインのカッコ良さを最優先にしている。一部だけ公開されたのが左の写真だ。ワッペンのNMLの文字は長距離混載輸送をメタル便独自でネーミングした「New Metal Line」の頭文字からきており、チームワークのシンボルとなっている。


10年以上前にグアムのアウトリガーホテルに宿泊した際、米軍パイロットも宿泊しており朝食会場の片隅に空軍のフライトスケジュールが掲示してあった。A4サイズの紙に隊ごとのカッコ良いシンボルマークがついていた。
浦安のメタル便の事業所があるコンビニにはお昼になると滅茶苦茶混雑するが、色々な物流会社の制服を目にする。仕事をして汚れたユニフォームであってもデザインがカッコ良いとゾクゾクするものがある。運動選手のユニフォームも同様なカッコ良さがある。

[16.01.11]

[ 関西 ] 大栄滋賀支店の開所式

年賀の挨拶が始まる1月4日、大栄滋賀支店の開所式が行われた。
地元の氏神さんの祈祷で厳かにスタートした滋賀支店、メタル便グループ各社の生花もあでやか。
滋賀支店(湖南市下田)はメタル便の大阪と名古屋の中間に位置し、今後はよりきめ細やかな配送が期待される。


開所式を終え湖南市の日枝神社に場所に全員で移動し、下田の支店長となる増田さんの神前結婚式も併せて行われた。新婚の増田夫婦の晴れやかな笑顔が印象的だった。神事のあと草津に移動して駅前のボストンプラザホテルで開所式と結婚式の2重のお祝いの宴席が。 (梶記)

[16.01.04]

[ 関東 ] 2016年初日の出

私の住所は「浦安市日の出」で、その名の通り自宅マンションから日の出を毎日見ることができる。もっと臨場感が欲しければ歩いて5分のところに大きな公園があり東京湾からの写真の様な鮮やかな日の出が一望できる。去年は曇りで見えなかったが今年はバッチリであった。


初日の出は見る人を解放的にしてくれ、公園にきている人達を観察しると時間を忘れる。温かな日差しの中、幸福感一杯である。カップルは勿論だが家族連れ、愛犬と走る男性、体育会系部活仲間、太陽を背景に飛んだ瞬間を捉えようとスマートホンのセルフタイマーを何度も撮影を繰り返す男性、踊り始める女子高生、仲間10名位が集まって飲み始める中年男女、気が付いたら日の出から一時間以上経過していた。(梶記)

[16.01.01]