ブログ

[ 中部 関東 ] 同じ志をもつ仲間

浦安で毎日配車をしている宮内が、新規の仕事の打合せで名古屋に出張。メタル便東海の事務所で一瀬君・佐藤君と、大阪の吉田社長も丁度来ており、図らずもメタル便3拠点での運営実務の打合せになる。名古屋から帰った宮内いわく、会社や地域はことなっても同じサービスを展開するメタル便の仲間が3拠点集まり喧々諤々と話せたこと、本当に幸せな時間を持てたと感謝の気持ちを朝礼で述べていた。


「全国に長尺モノや重量物の混載ネットワーク」を目指すメタル便、今回は配車実務の打合せであったが、以前から私自身社長として各地のメタル便を運営する経営者と腹を割って話す時、宮内君と同様の感動や感謝の気持ちを持つ。やはり同じ志をもつ仲間のエネルギーはすごいモノがある。

[15.07.30]

[ プレス ] 中国・四国スライド1

[15.07.23]

[ プレス ] 中国・四国スライド2

[15.07.22]

[ 関東 ] 6月以降の荷動き

今年の1月~5月の平均は対昨年比で割り込んでいる。新規顧客もコンスタントに増えているが、既存顧客の荷動きが悪かった。小口の混載扱い量において常に右肩上がりできたメタル便浦安だが久々の苦戦(リーマンショック以来)を強いられた。前年が消費税値上げの駆け込みがあったといっても、今年の荷動きは低調だった。


6月になって鋼材がやっと動いてきたとの実感を持てるようになり、7月にどの位持続するか心配だったが、7月下旬になってもその荷動きは衰えない。昨日の夕方退社時に置き場を覘くと朝積込の量も大量で、相変わらず好調の様だ。7月の混載の運賃収入は過去最高記録を達成しそうだ。
(折れ線グラフは7月の日々の混載の売上、横線は目標値)

[15.07.22]

[ プレス ] 中国・四国スライド3

[15.07.21]

[ 関東 ] ボディデザインの変遷

メタル便をスタートして15年目、トラックのデザインもかなり変わってきた。写真のトラックは現役で走っている。バラバラのデザインにメタル便の歴史が見れる。


古い順に
①グレー地にSOHGOTRUCKの文字。(モーダルシフトは後付)
②グレー地にメタル便のシール
③アルミブロックになって、メタル便のロゴが黒に。当時は拠点は3か所
④拠点の名前を拡大 (長尺物・・・の文字は後付)
⑤苫小牧が加わり4拠点に
⑥これが最新の後ろ姿
九州と静岡が増え6拠点。これ以上地名を明記すると煩雑になる。
拠点明記を諦め、「長尺物・重量物の混載便」に変更


メタル便のトラックデザインには我々なりにいくつかのこだわりがある。
トラックの4方向のう、一番PR効果が高いのがトラックの後部アオリなので、ここに一番伝えたい内容を明記する。どんなにデザインがカッコ良くてもアルファベットだけはNG。ダサくなっても一目で会社がわかる漢字かカタカナ表記にする。

[15.07.14]

[ プレス ] 路線会社が長尺物(2m以上)を断る2つの理由

インターネットは流通を大きく変え、自宅でパソコンに向えば翌日には商品が玄関先まで運ばれます。ネット通販は急成長、その一方で置き去りにされてい る商品群が、長尺物(長いもの)や重量物やパレット物でBtoBの商品です。

理由はスペースを専用する割に受託運賃が安く、一個の長尺物を断れば数十個の小荷物が、書類なら数百件分が積めるからです。

またセンターはバーコードで無人化され、ラインに適さない商品は厄介モノです。

[15.07.04]