ブログ

[ プレス ] 2012年11月15日 

鉄鋼新聞
関西流通加工 若手経営者に聞く将来ビジョン
吉田昌弘・大栄所長
メタル便低コストで小口配送
エリア拡大が当面の課題  

[12.11.15]

[ プレス ] 料金システム

長距離混載は、①集荷②幹線輸送③配達の3つの輸送から成り立ってます。
メタル便のお客様は、どの部分を利用されるか自由に選べます。
置き場に商品を持ちこまれたら、集荷料金は不要です。着地のHUBに取りに来られたら配達料金は不要です。浦安では多くのお客様が全国向けのに荷物をお客様のトラックで持ち込まれております。

[12.11.15]

[ 関東 ] 浅野屋

軽井沢に浅野屋というパン屋があり、ヨーロッパ風のこだわりパンを販売している。夏場の軽井沢に行くと店舗の中は人でごった返している。軽井沢のジャム同様に、お土産に買って帰りたくなる。

浅野屋は最近デパートの松屋やミッドタウンにも出店しているが、イメージは圧倒的に軽井沢。でも避暑地なので最盛期は圧倒的に夏、もともと人口が少ない軽井沢で長い間商売を続けることはかなり難しいとことだったと思う。でもその軽井沢にこだわったことで、ブランドはしっかり認知されている。安易に多店舗化していたら、何処でも買えるパン屋だったら、今ほどのブランド力や知名度は無かったと思う。美味しいから売れるのではなく、永続させるには買いたくなる仕組みをつくることも大切であると思う。ネーミングからしてメタル便も鉄鋼というイメージが強いが、これを強みとして生かしていきたい。カジ

[12.11.12]