メタル便レポート

[ 関東 ] メタル便10周年の集い

茅場町の鉄鋼会館で、メタル便10周年の集いを催す。メタル便のサービス開始(総合トラック)が2000年8月から、株式会社メタル便の設立が2000年12月。10年間のその間をとって10月22日に行なうことにした。中島社長と金森会長、メタル便の生みの親にもご参加いただく。メタル便に関わる大勢の方々にいらしていただき、感慨深い一時だった。私からこの10年間の振返りを中心に約10分話させてもらた。この数週間何を話そうかと色々と考えていたので、話し終わったら肩の荷が降りた感じでホットした。ご来賓の方々にも素晴らしいスピーチをいただき感謝感謝の2時間だった。  カジ

[10.10.22]
メタル便10周年の集い

[ 関東 関西 ] 真々庵 宇宙根源

京都東山に真々庵という庵がある。知人の特別な計らいで見学させていただいた。

「真々庵は昭和36年に松下幸之助さんが社長を退任して会長に就任したのを機に、一時中断していたPHPの研究活動を再開するために求めた別宅。昭和55年に松下電器の施設となり全面改築、名称も松下真々庵とし、当時と同じ状態に庭園・建物を整備保存し迎賓機能を果たしている。」「庭園は7代目小川治兵衛(庭治)の明治42年の作で、東山を借景」庭園を維持するため、一般公開はされていない。

松下さんはモノにはこだわらなかったという。庭の大改造にあたり庭師に「寸鉄おびずして敵を制するような庭にしたい」を語ったという。銘木や高額の庭石にはこだわりがなく、総合力で庭園の価値を評価した。成功した証に、高級品を集めてモノにおぼれてしまうヒトが多いなか、松下の晩年はPHP研究所と松下政経塾に情熱を注いだ。

真々庵は日本の心を伝えるでけでなく、宇宙万物を司る場所として残されている。庭園の奥の茶室の横には「根源社」と名づけられた社(やしろ)があり、来庵すると必ず社の前で静かに手を合わせ生かされていることの感謝したと言う。松下さんが重大な決断をする時は、社の前で座りこんで考え事をしたそうだ。「素直に」の原点回帰の場だ。 カジ

[10.10.15]
真々庵 宇宙根源真々庵 宇宙根源


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.