メタル便レポート

[ 関東 ] こんなに回れるの?

メタル便の神奈川便のエキスパート、金子さんのある日の配車。

鎌倉市→大和市→相模原市×2→都築区×2→港北区→金沢区→伊勢原市→平塚市→旭区 の12件で1497kg。 

古賀君に聞いたら、朝4時に浦安をスタートして午後2時ころには終えるという。朝の7時スタートだったらこれだけの件数は無理だという。

[10.09.23]
こんなに回れるの?

[ 関西 ] レベルアップミーティング

ダイエイのレベルアップミーティングに参加する。事前に会社の経営方針が書かれた2枚の紙を渡され、当日はそのテストがある。ゲストも10名近く参加したが、テストの免除もなく実際にやってみてこの暗記には苦労した。

午前の部と午後の部にケーススタディがチーム戦で実施された。でもダイエイ社風か、その研修もいつの間にか、ワイワイ・ガヤガヤ皆が楽しめはじめてしまう。吉田氏もそれを良しとしている。ドライバーはふだん全員出会う時が少ないので、会社の研修が懇親の場になっている。プロのカメラマンは終日社員の豊かな表情を取り続ける。最後は仕事に対する社長の熱い想いが語られた。感動の1日だった。 カジ

[10.09.19]
レベルアップミーティングレベルアップミーティングレベルアップミーティング

[ 中部 関東 関西 ] 第3回 泰壮会

名古屋で、ヤマネット実践研修の卒業生が主催する泰壮会の研修会があった。ヤマネットの主催者、山田泰壮さんの名前からつけた会名である。

マイシンの辻専務より感動の基調講演と4班に分かれてケーススタディ研修、物流業界の優秀なメンバーが集まっているので研修も迫力がある。メタル便グループのスタッフもこの一年ヤマネット研修で鍛えられており、多数参加している。

主旨は、ダイエイの吉田氏がボランティアでやってくれているが、その熱心な呼びかけで物流マンが40名近く集まった。メタル便グループとしても浦安・名古屋・大阪のスタッフが中間地点で集まれるので有り難い研修である。  カジ

[10.09.11]
第3回 泰壮会第3回 泰壮会第3回 泰壮会

[ 関東 ] 置き場改善

従来、集荷してきた商品は、パレットか台木の上においていた。パレットの隙間から落ちてしまうような小さな商品も最近増えてきた。その改善策として、部分的にパレットの上に金属板を敷き詰めることにした。置き場も、それなりの雰囲気がでてきた。 カジ

[10.09.09]
置き場改善

[ 関東 ] デジタルタコグラフ

メタル便も遅まきながらデジタルタコグラフを導入することにした。関西のメタル便では一年前には導入されている。この数年で中堅以上の運送会社には相当数導入されており、今となっては運行の半分以上は着装車かもしれない。導入メリットは高速運転が管理されるため、車両事故の低減と燃費効率の向上。
車に取り付ける先日に、ドライバーへ取扱い説明会が行なわれたが、質疑に加えて、導入反対意見も多かった。導入するとエコ運転が点数で管理されるが、仕事がタイトな時や到着時間に追われた時はスピードを出さなければならない局面がある。確かに実際は高速道でも法定速度以上で走る車が多い。その活発な意見?に 説明の為こられた業者の人もびっくりしていた。今まで多くの会社に立ち会ってきたがこれだけ反対の意見が多かった会社は初めてだと。 カジ

[10.09.03]
デジタルタコグラフ


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.