メタル便レポート

[ 関東 ] PDCAサイクル

小宮一慶さんの50冊を記念するパーティが学士会館であった。私は微力ながらその発起人幹事を務めさせていただいた。大阪から大栄の吉田氏も駆けつけてくれた。
お祝いのスピーチの中で、印象に残る話があった。上場会社の社長の話で、数年前に赤字に陥った時、顧問である小宮さんより、削減できる経費は徹底的に削減することと、PDCAのサイクルの時間を短くしてしっかり回すことという2点のアドバイスをもらったそうだ。迷わず行動に移すと、短期間にV字回復できたそうだ。激動の時代だから、外部環境の変化は即座に経営基盤を変えてします。そんな時、対応できる一つの手法はPDCAの力かもしれない。 


メタル便はこの一年間、グループを上げてPDCAをしっかり回すことに力点を置いてきた気がする。一週間に一度会議ではなく、来週の実施事項の申告、今週の実施事項の進捗を報告するミーティング。今年からは、幹部が各自一カ月の実施事項をリストアップしかなり具体的に記入して行動目標を立てグループ全体に宣言して、翌月にはその結果報告もする。そんなPDCAの仕組みが出来つつある。そのために名古屋で開催される5回シリーズの研修回にも、述べ22名を受講させている。

確実なPDCAの企業風土は、車で言うと足回りの強化で、スピードを出せる環境作り。戦争で言うと隊列の短さや飛行機の間隔の狭さで、敵からも攻撃に対して最大限に自軍の力を発揮する形態かもしれない。 カジ

[10.03.19]


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.