メタル便レポート

[ 関東 ] 今年一年を振り返って

今年一年のメタル便の重大ニュースを考えてみた時、大きなこともなく過ぎていった一年であったかもしれない。ある意味良いことかもしれない。

 メタル便の浦安では、年の前半に「長距離もメタル便」「チャーターもメタル便」と言うスローガンで既存のお客様にご案内したところ、地味な案内だったが確実な成果をあげた。お客様は複数の物流会社に問合せるより便利だったのかもしれない。メタル便にとっては、一社貸切や長距離輸送は、小口輸送に比べ一桁違う価格であるので慎重に且つ丁寧に応対した。それがまたお客様から評価いただいたのかもしれない。

 大阪では料金表を一新させた。単なる料金改定ではなく料金表の利用価値を上げた。労作だが出来上がって見ると簡潔で、全国何処のエリアでも、どんな形状のどんな重量でも、運賃が簡単に分かるようになった。この料金表はお客様が見積もりに便利に使ってもらえる様になり、利便性を高め、この料金表がキッカケとなり新規顧客の増えた。

 東海地区の求人は厳しいものがある中、東海では自社車両化への一年であった。来年への大きな変革への土台作りだったかも知れない。      カジ

[06.12.31]
今年一年を振り返って

[ 関東 ] 追い込み

2006年の最終週、輸送も追い込みで置き場が鋼材で埋め尽くされる。午後からの強雨で作業も遅くなる。

[06.12.26]
追い込み

[ 関東 ] 抜き差しならない関係

月刊経済紙を出版するA社から取材依頼の電話をいただく。約10ヶ月前にメタル便を特集してもらい大きな紙面をさいていただいたご縁で、来年号の新たな企画に渡辺・吉田・梶に声を掛けていただいた。世間から認められることがない(加えて家庭からも)我々、わずかな自己実現の満足感?をもらえる貴重な場なので、基本的には大喜び。電話の先で「前回取材させていただいた時の3名の関係は、今も継続されてますか?」との問いに「はい」と即座に答えた。後でこのことを渡辺氏に話したら、「今は、継続どころか抜き差しならない関係だ」とつぶやいた。  カジ

[06.12.16]
抜き差しならない関係

[ 関東 ] きっかけは?

新規のお客様よりお電話いただき、オーダーを頂く。早速お伺いして「どこでメタル便をご存知でしたか?」と聞くと、女性社員の方が前の職場でメタル便を利用していただいており、こんなところが有るよとの話が、電話を頂くきっかけになった。
12月に入って鋼材全般の荷動きが少々落ち気味になっている。

[06.12.14]
きっかけは?

[ 関東 ] フォーカス

小池氏、定家氏と第二回目のホームページの打合せ。
今回は、まずここ数年のメタル便活動を説明・振返り。ホームページを表として、メタル便の重点活動を裏として、具体化の検討を進めていく。「メタル便は何をフォーカスしてきたのか」を見つめることにより、今後の取組みとして3つの重点事項が明確になってきた。
気分転換にサウナに移動し、夕方より古賀君を交えて食事しながら打合せを継続する。表と裏ともすべきことが徐々に明確になってきたので、後半はこのプロジェクトを誰と進めていくかが焦点となっていった。今後メタル便が重点的に取り組むべき項目の一つに情報蓄積があげられたが、その手法については小池氏の今までのマーケッティングの事例が大変参考になった。

[06.12.06]
フォーカス


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.