メタル便レポート

[ 関東 ] メタル便の料金改定

9月1日より、メタル便の料金改定になる。従来は最小重量が50kgだったのが、200kgからとなり実質的な値上げになる。軽油価格の高騰によるものではなく、今後広くメタル便サービスをお客様に使っていただく為の、深い深い意味がある。単にメタル便=小口ではなく、もっとお客様全体の物流費を下げるために、より機動力を持たせるための価格改定だ。


今回の料金改定までは、5年間の長い道のりがある。メタル便の料金は、ある一定量を集めないと採算にあわない設定で、開始して数年間は採算割れの運行が日常化していた。「メタル便を使うと便利で物流費も下がるかもしれない。でも従来の運送会社は切れない」と言うのがお客様の意向で、認知してもらい日常的に使っていただけるまでには、年月が必要だった。当然、料金を上げたい事は何度もあったが、我慢した。その度に、お客様に価格転化する前に我々のすべき努力がまだあるのではないかと自問自答してきた。共に働くものに無理を言い続けた。


私は当初より「もし我々より安い価格で同様のサービスができるか物流会社が出現し、継続を見届けたらこのビジネスはきっぱり辞めよう」と決めていた。途中で匙をなげるのではなく、共同配送は荷物を一箇所に集めるべきであって、数社が同様のことをすると、最終的にはお客様のメリットがなくなるとの信念からだ。幸か不幸か、我々の価格でできるライバルはこの5年間で出現しなかった。  カジ

[05.08.29]
メタル便の料金改定メタル便の料金改定

[ 関東 ] ビジネスモデル・シート

メタル便がどんなことをしているかをお客様に説明する目的で、パワーポイントを使ってビジネスモデルを解り易く図式化していく。「□・○・→」を組み合わせて関東地区のマップデザインにのっけていく。この作業はメタル便始めってから、全く変わらない。アイデアや構想を練るのではなく、現在行っていることをひたすら分析し図式化していく。過去を振りかえって、運送のアイデアは新鋼流会やお客様との会話のにあり、それを日々少しずつ現場で具現化してきた。パワーポイントでまとめたビジネスモデル・シートは現在15枚位になる。一枚完成する度に右角に小さく完成年月日を入れ、メタル便の成長記録にしている。2枚のシートを1枚まとめ立体的に説明する事はあっても、作成後に変更する事はほとんどない。

[05.08.24]
ビジネスモデル・シート

[ 関東 ] 12m物

お客様から電話の問合せで「メタル便で12Mもの運べない」→ メタル「長さが12Mだと大型車のチャーターになりますが」→ お客様「それは困ったな、運賃の予算がそんなにないから、何とか混載で運べない」→ メタル「12Mを切断して6Mになると運べるんですがね」→ お客様「それが出来ないから、困っているんだ」 何ともかみ合ってなく会話はすれ違いだが、両者は真剣だ。

[05.08.22]
12m物

[ 関東 ] 7m物

メタル便がスタートした頃は、関東エリアへ長尺物(長い物)は7メーター迄運んでいた。いつの頃から、7メーターはお断りし6メーター迄になっている。「鋼材を運ぶなら、7メーター位運べなくては鋼材プロドライバーと言えないよ。普通車でも、7メーターに限らずもっと長いもの運べる会社もあるのに」ごもっともな意見である。でもメタル便は「運べない」のではなく、「運ばない」のです。メタル便は10件以上にお届けするので「長尺物を積んだ為にトラックが出入りできなくなる配送先が結構あり、運行ルートで長尺物ものだけ先に降ろして回ることは実際に困難だからなのです。楽をしようとし、7メーター物をお断りしているのではありませんので、ご了解ください。  カジ

[05.08.19]
7m物

[ 中部 ] 夏季集中ミーティング

メタル便東海の今後の運営について、お盆を利用して、昨日より渡辺・細川・吉田・梶の4名で夏季ミーティングとして、この二日間徹底的にメタル便東海のことだけに頭を集中し議論する。昨日は自由な意見交換や近況報告しながら、周囲でおこった出来事を丁寧に検証分析していく。気がついたら午後9時半、急きょ食事へ。今日は9時より再開、メタル便は何をする会社なの、いますべき事は、人事政策、利益の源泉はこんな事が繰り返し意見交換された。帰路、渡辺さんが「メタル便東海は、幸せな会社だな。皆が真剣になって考え、取り組んでくれる会社だから」と言ったのが印象的だった。 カジ

[05.08.17]
夏季集中ミーティング

[ 関東 ] 村瀬 豊の近況報告

大変ご無沙汰いたしております。
事故からあっという間に1年が過ぎてしまいました。
現在は鎌ヶ谷にあります「第2北総病院」に入院加療中です。
みなさまからのたくさんの愛情を頂き、命を取りとめ、会話にも少しずつ分かるようになってきました。
夏休み子供達に思い出作りに何処かいこうか考えているのですか。いまだに宿をとらずにいる状態です。
村瀬に長谷川さんの話をすると驚いて目を真っ赤にしていました。「初耳だ」と驚いていました。
まだ、一人で歩く事は難しいですが、車椅子を右足でこいでいます。先月も娘の誕生日に外泊をさせて、ダイエーに行って夏服を自分で選ばせてみました。
少し顔がふっくらして、これ以上は太らないようにしたいです。MからLサイズになりつつあります。
本当に村瀬は生命力があったのだと思います。
これも皆様のおかげです。ありがとうございました。お礼もできないまま、本当に恐縮しております。みなさまもご健康に気をつけて残暑をのりきってください

村瀬 恵子

[05.08.16]

[ 関東 ] お盆

お盆は、気分的にものんびりする。暑いのでそんなにやる気もでない。メタル便の配送は15・16日が休みになる。でも、お盆の期間中を利用しての打合せは新鋼流会とし絶好のチャンス、12日は豊橋でNew-Metal-Lineの6社合同の戦略会議、13日は総合トラックとアトランス各社が会議、16日はメタル便東海での会議と目白押し。

[05.08.12]
お盆お盆

[ 関東 ] 付加価値

メタル便の仕組みをシンプルに考えてみた。チャーター車の運行なら、午前6時~午後6時迄で一日の売上は相場で3万~3万2千円。我々は午後6時~午後9時迄さらに作業をして、複数のお客様の商品を載せ換え配送効率の最適化を図る。お客様にも積載効率のメリットを出しながらも、我々は一台の車両に3万2千円以上の売上を追求していく。これが我々がお客様への提供する付加価値であり、我々の3時間の作業時間の対価でもある。

[05.08.04]
付加価値

[ 関東 ] 鋼材の混載って

鋼材の混載を説明しても、聞く人にはなかなかイメージがわかない。荷姿のいくつかを説明用に写真を撮ってみた。下段は神奈川便で、荷台一杯に多品種の商品が詰まれているので「3トン半位の積載?」と鞠子氏に聞くと、2トン強だという。これに更に2トン積足すイメージをすると
ぞっとした。

[05.08.03]
鋼材の混載って


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.