メタル便レポート

[ 関東 ] ラスベガス現象

物流業界は中小企業が多く、過当競争が激しiい。理由は起業が簡単にできることだ。例えば、ドライバー経験者が特定のお客様から信用をいただければ仲間を集めて5台の車両でスタートできる。車庫は借地、車両はリースにすれば良い。起業して、数年で10台~20台規模にすることは、営業力さえあれば難しいことではない。でも品質より価格が優先されがちなこの業界、存続し行くことはかなり難しい。なぜなら、数十年社歴のある物流会社でも、値下げ攻勢の中含み吐き出しながら経営している会社も多いからだ。 一攫千金を夢見てラスベガスでギャンブルし、手持ち資金を使い果たし去っていく。私は勝手に「物流業界のラスベガス現象」とネーミングした。


ラスベガス現象には色々な特徴がある。上場した物流会社と中小零細物流会社(規模的)とは、ドライバーの給料格差はあまり無い。なぜなら、「当社は上場しているので、運賃はちょっと高めですよ」と言ってもお客様は納得していただけない。その差は一般管理費の低さや車両台数のグロスメリット位で、逆に大手が取引する大手顧客ほど運賃競争は激しい。 荷主が営業ナンバー取得して(2PL化)の新規参入組みもあるが、この世界も厳しい。営業ナンバーを取得すれば物流コストが下がる様な感覚でスタートするが、この方法でコストを下げるには、親会社から移籍した運転手の賃金を下げるか、他の仕事を取ってきて親会社の仕事比率を下げるしか方法はない


ラーメン屋のチェーン店を経営する友人から数年前に教わったことがある。「ラーメン屋でもやろうかと簡単に言うが、決して甘い業界ではない。開店が目的で、存続は考えてない人もおり、ひどい場合は開店して一ヶ月で店を閉める人もいる。」 そして続けて「本当に味にこだわるなら、家族経営に徹すること。一人若者を雇い、その若者がある年齢に達した時、その社員の為に2件店を出すようになり、それがチェーン店化の始まりになる。」「チェーン展開したら、数店舗では本部経費がでなくなり、より多店舗化する。その過程で独自のノウハウが必要となり、多くの会社がそこで又消えてしまう。」 物流業界とは諸事情は異なるが、参入障壁の少ない業界特有の厳しさがある。  カジ

[04.11.30]
ラスベガス現象

[ 中部 ] 靴をそろえる

役員会出席のため、メタル便東海に。約1ヵ月振りだが、以前に比べ事務所の中がこざっぱりし、スリッパも綺麗なり、清潔感が出てきて、空気も新鮮になった気がする。我々の靴が乱雑になっていると、出社した本田嬢が自然の動作で揃え直してくれたのがとっても嬉しかった。 関係ない話だが、私の趣味は靴磨きで毎週日曜日に一週間分の靴を40分位掛けて磨き上げる。靴磨きが日曜日を実感する時間となっている。カラーコーディネーターの菅原明美さん(インプレッション代表)も講演で、菅原家では週末に家族全員で自分達の靴を磨くことを日課にしていると言われてた。 カジ

[04.11.26]
靴をそろえる靴をそろえる

[ 関東 ] 村瀬豊の近況報告

本当に村瀬の事では、沢山の励ましのお言葉やお見舞いに来ていただき本当にありがとうございました。
事故から早くも4ヶ月を迎え、日々の速さを通感いたします。
 私の病院にリハビリ目的で転院してから3ヶ月、1日に2回ほどのリハビリ、計算から始まり、歩行練習、トイレ動作訓練など主人のプログラムに合わせて実施しております。頭の治療は保存的で、内臓や骨折に関しては、治癒いたしました。ただ脳挫傷の後遺症として高次機能障害が残ってしまい、それにともない、歩行障害や言語障害記憶障害、注意障害などの合併症がみられます。混乱時期から非望時期に少しずつ変化していき、今後どれぐらいの回復を見せるかは、分かりません。本当に奇跡だとおもいます。危篤状態からここまで本当に来るとは思いませんでした。これも皆さんのおかげだと思います。ありがとうございます。12月の年末から新年にかけて外泊許可を頂き、家族5人で過ごそうかと考えております。今後主人の専門的に治療できる病院に来年になったら転院して治療をしていただき、在宅復帰に頑張りたいと思います。
 主人が一生懸命働いてきたおかげで新居にも移れることになり、家族の夢でした家に引っ越してのお正月をむかえることになりました。メタル便のホームページを見るたびに皆さんが忙しく働かれているご様子を見させていただき嬉しく思います。て
 また、皆様にお目にかかれることとおもいますが、それまで村瀬がどれぐらい回復するか分かりませんが、1年1年を大事に過ごして生きたいと思います。 村瀬

[04.11.25]
村瀬豊の近況報告

[ 関東 ] アローテック

金森興業さんが物流部門を独立させ、アローテックと言う運送会社を作られ、金森会長と新会社の伊藤社長がメタル便に挨拶に来られた。1PLから2PLへの変身、営業ナンバー取得して、他の会社の鋼材も運べることになった。今後メタル便とエリア的な連携も可能になった。 カジ

[04.11.17]

[ 関東 ] 広域営業

メタル便グループ全体の広域運営についてメタル便大阪の吉田氏、メタル便東海の渡辺氏と
東京で打合せ。有明ワシントンホテルに午後7時集合し、9時半頃まで食事をしながらこの数週間のギャップを埋めるべく雑談から始まり話も徐々に確信に迫っていく。今日は自由な意見を出し、まとめは古賀を交えての明日とする。

[04.11.16]
広域営業

[ 関東 ] ルート

今日のメタル便浦安は、11ルートの配送だった。神奈川便は2台、千葉便も2台(その内の1台は内房と外房をまたぐ運行)、群馬・栃木便は2台、茨城便1台、群馬便1台、あとは近場の配送。

[04.11.09]
ルートルート


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.