メタル便レポート

[ 中国・四国 九州 北陸 関東 関西 静岡 ] 『鍛えられたシステム』大阪システム勉強会

システム開発会社の共栄システム様をお招きし、大阪の混載業務のシステムの見学会を6/7(金)に開催しました。
「優れたシステム」ではなく「鍛えられたシステム」この表現が 混載一筋77年の大阪大榮のシステムの正しい評価なのだと思います。作業スピードが命である混載の戦場をくぐり抜けてきた歴史が作り上げた様々な工夫がそこに詰まっています。けっして先進技術が取り入れられているのではなく、コンピューターの基本動作の中で いかに無駄を省き、スピードを上げながら人的ミスをゼロに近づけていくかを追求してきたローテクニック軍団の集大成。負け惜しみではありませんが、「今日の最新」を自慢しても、数年後に「旧式」とバカにされるのがシステムの世界。大切なのは経験をシステムに落とし込んでいくことだと私は考えています。共栄システムさんは運送業界をターゲットに絞り込み、物流専門でやって来られた老舗システム会社。これまで無数の運送会社様の生の声をシステムに変えてこられました。「一を言えば十を悟ってくれる」頼もしい物流システム会社さんです。また機会があれば、こういった勉強会を開催したいと思います。参加された皆さま お疲れ様でした。何より共栄システム様には感謝申し上げます。(大阪/吉田社長記)


//////////////////////////////////////////////////////////////////////
メタル便関西の吉田社長の好意で、大栄と共栄システムの長年開発してきたシステムのメタル便グループ(6拠点から集まり)メンバーに公開してもらい、現状業務がその様に動いているがを説明してもらった。素晴らしいシステムと運営だった。チャータは一台に1オーダーだが、混載は複数のオーダーを積む。見積り→車両の手配→受領の回収と返送→請求書発行など1オーダーに対する手間は同じなので、混載は事務処理は10倍以上手間がかかる。それだけに「鍛えられたシステム」は本当に戦力になる。(浦安/梶)

[19.06.07]
『鍛えられたシステム』大阪システム勉強会


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.