メタル便レポート

[ 関東 ] 大失態!

2月の鉄鋼業界向け「物流勉強会」の話を聞いて頂いたお客様から、軽仮設リース協会の7月の会合での講演の依頼をいただいた。2月の勉強会から5か月経過して、ヤマト運輸が注目され宅配クライシスとまで言われる中、物流は旬の話題でもある。講演2週間前になって前回の講演資料を見直し約3割の内容を変えて前回より少し突っ込んだ内容にした。このバージョンアップが仇となった。軽仮設リースの会合が120名と聞きアドレナリンも出てきて、開場は霞が関ビルの最上階。実際に話が始まると伝えたいことが一杯で、時計を見るのも忘れて話続けて、質問時間をなくすだけでなく、後半のパーティの時間まで食い込んでしまった。大失態である。

イエローハットの鍵山さんは与えられた時間を守ることは厳しかった。講演でも時間より少なめが丁度良いと言われ実践されていた。経営コンサルタントの小宮一慶さんの100冊目の出版記念パーティーの発起人として進行のお手伝いをさせてもらったことがある。内容の多くは任せていただいたが、お開きの時間だけは厳守してくれと厳しくいわれた。多忙な方に集まっていただく中、時間厳守は最低限のマナー。60歳を過ぎて、当たり前のことも実践できない自分にほどほど嫌になってしまった。

[17.07.10]
大失態!大失態!大失態!


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.