メタル便レポート

[ 関東 ] 長尺モノ、受難の時代

メタル便グループ、主要都市の配送はほぼ自車配送で網羅できているが、それでも地域地域に特化した全国の有力な運送会社(長尺モノが混載で運べる)の協力は不可欠。昨日その一社が来社されたが事前に「お願いがあり、貴社にとっては良くない話です」と連絡をいただいていた。
良くない話? 来社されるまでいくつかのシナリオを想定してみた。
 ①当社の荷物を運べなくなる
 ②2m以上の長尺モノは断りたい
 ③〇〇地域への配送ができなるなく
 ④料金値上げ
商談には立ち会わなかったが、良くない話とは④の150%の値上げ依頼であった。大きな値上げだが、①~③の比べれば「何とか運んでもらえる」のでホット胸をなでおろした。


数日後に手広く全国に鋼材を販売されているお客様が来社される。路線・宅配業者が長尺モノを運ばなくなったので何とか対応して欲しいとの内容と聞いている。長尺モノや重量物を扱うお客様や物流会社のとって、事態は刻刻と深刻になってきている。

[17.05.31]
長尺モノ、受難の時代


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.