メタル便レポート

[ 関東 ] 鉄鋼業界、物流勉強会

「2017年鉄鋼業界、物流勉強会」を2月3日に浦安鉄鋼会館の会議室で行うことにした。この様な説明会を浦安で行うのは2000年のメタル便サービス説明会以来17年ぶり。勉強会の企画は、10月のメタル便東海株主総会に感じたことが切っ掛け。メタル便東海は6社の株主でその内3社は鋼材加工販売でありメタル便東海の荷主でもある。総会で業績報告や質疑応答の後、昼食の席で物流業界のドライバー不足の話になったが、質問を含め熱い会話が続いた。その時に我々の運送業界の動向に、お客様は大きな関心をもっていることを肌で感じた。物流業界では「物流はなくならないが、物流業界は無くなる」と言われるほど、今大きく変わろうとしている。人口減少によるマーケットの縮小、ネット通販の台頭、若者の車離れと深刻な運転手不足、各業界の再編。私自身が外部環境を整理して5年後10年後の鋼材の物流を考えてみたく、お客様の意見を聞きつつ情報を共有したくなった。
テーマを与えられれば話すことは嫌いでないが、とは言え自分が企画して人に集まってもらうことは苦手でとても気が重い。
「物流はなくならないが、物流業界は無くなる」の通説には後半部分がある。「その中で物流業界が生き残るのは協業しかない」。メタル便は浦安1社でできないことを提携という形で全国展開を進めてきた。この大きな変革期にこれからはお客様とも一緒に考える必要不可欠だと思っている。そんな切っ掛けに物流勉強会がなってくれればうれしい。

[16.12.20]
鉄鋼業界、物流勉強会


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.