注目されるJR貨物輸送

メタル便は積極的にモーダルシフトのJR貨車輸送に取り組んでいる。大阪⇔北海道 東京⇔北海道 距離が長いと料金メリットも大きい。
メタル便グループは従来からのJR専用の20フィート有蓋コンテナに加え、日本初の3方向開放できる20フィート無蓋コンテナを所有して、JR貨物輸送による混載も積極的に取り組んでます。


メタル便中国・四国を運営する赤田運輸産業は、東福山駅鉄道利用運送事業者でもあります。

[15.08.02]
注目されるJR貨物輸送注目されるJR貨物輸送注目されるJR貨物輸送


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.