メタル便レポート

[ 関東 ] 場所狭しと

方になると、翌日配達分の鋼材で置場が一杯になる。パイプ・丸棒・シート・コイル・H鋼・・・と形状がバラバラのため、ルート別に置くスペースが無い。車両2台が同時に積み込めれば、作業時間は半分になるが、限られスペースでは許されず、一台づつ降ろす順番を考慮しながら積み込んでいく。クレーン3基とフォークリフトがフル稼働。無残にも時間だけが経過し、今日は5台積込んで8時半の終了。残りは、明朝3台に積まれる。限られた場所と人員、毎日の工夫とコストが格闘する時間帯。 カジ

[03.06.06]
場所狭しと場所狭しと


Copyright (C) 株式会社メタル便 / 鋼材の小口混載便・鉄鋼の小ロット輸送. All rights reserved.